【ボクシング】12.23横アリで豪華3大世界戦。村田諒太V1戦はKO率80%の“番狂わせ遺伝子”を持ったWBO1位

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/10/17(木) 06:48:30.64 ID:url6rOSN9.net
プロボクシングのトリプル世界戦(12月23日・横浜アリーナ)の記者発表が16日、九段下のグランドバレスで行われ、
メインでは、WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33、帝拳)が、同級9位でWBO世界同級1位のKO率80%のスティーブン・バトラー(24、カナダ)と初防衛戦を戦う。
またWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(27、BMB)が、IBF世界同級王者のフェリックス・アルバラード(30、ニカラグア)と統一戦を戦い、
元3階級制覇王者の“激闘王”八重樫東(36、大橋)が、約2年ぶりに世界戦の舞台に上がり、
IBF世界フライ級王者、モルティ・ムザラネ(37、南アフリカ)に挑戦する。豪華なマッチメイクだ。

過去最強のハードパンチャー
 過去最強のハードパンチャーと言っていい。
紆余曲折した村田の初防衛戦相手は、WBO世界ミドル級王者、デメトリアス・アンドレード(31、米国)への指名挑戦権を持っていたバトラーに決まった。
8勝1敗1分のキャリアのうち24勝がKO決着。KO率は80%である。
カナダのモントリオール在住のバトラーは、この日の会見に駆け付け、アンドレードでなく、村田に照準を変えた理由を「村田のほうが私に分があると思った」と説明。
バトラーとともに来日したプロモーターのカミーユ・エステファン氏も「村田に挑む方がエキサイティングな試合ができると考えた」と付け加えた。
両王者を比較しての選択。よほどの自信の裏返しだろう。
「いいパンチを当てて一発で終わらせる。KOを狙う。村田がグレートチャンプであることはわかっていてリスペクトしている。自分のパーティーをするためにこの試合をする。
これは僕にとってドリームマッチかもしれないが、夢のままで終わらせない。アップセット(番狂わせ)を起こす」
静かな口調で、激しい決意を語った。
彼の祖父の故・マーシャルは、プロ7戦目にして、カナダからイギリスへ遠征し、のちにWBC世界ウェルター級の名王者となるジョン・ストレイシー(イギリス)に勝ったという“番狂わせ”の歴史を持つ。
その祖父に影響されボクシングをはじめ「ジャブやムービングを教えられた」というバトラーは「そのパワーと情熱は今も僕の中で生きている」と、番狂わせのDNAが備わっていることも明らかにした。

対する村田は「ニックネームにBANGBANG(バンバン)とついているくらい好戦的なボクサー」との印象。「過去最強の強打者か?」と質問すると、いつものように哲学的に咀嚼して、こう答えた。

「どうでしょう。パンチ受けてみないとわからない。(KO率より)誰とやって誰を倒してきたかが大事。倒せる相手を倒してきても意味がない。先入観は持たない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00010000-wordleafs-fight
10/17(木) 6:05配信

2 :砂漠のマスカレード ★:2019/10/17(Thu) 06:49:24 ID:url6rOSN9

バトラーはリーチを生かした左ジャブから荒々しくパンチを振り回してくる右構えのボクサーファイターである。
右ストレートで仕留めるパターンが目立つが、ここまでの戦歴の中に名だたるボクサーはいない。
ボクシングオタクの村田でさえ「対戦候補に名前が上がるまで映像も見たことがなかった」という存在だった。

 しかも、2017年1月に行われたスーパーウェルターのローカルタイトル戦では、ブランドン・クック(カナダ)の右のカウンターを浴びてTKO負け。
その後、10連勝しているが、今年5月のビタリ・コフィレンコ(ウクライナ)とのWBCインターナショナル・ミドル級王座決定戦では、左フック、左ボディで2度ダウンを喫し、
そこから逆転で判定勝利するという冷や汗ものの試合内容だった。ディフェンス技術は高くなく、打たれ弱い。インファイトも苦手にしている。

「彼は打たれ強くない。KO必至? まあ、そうなるでしょう。スタイル的に噛み合うと思う。どっちが勝つにしても面白い試合になると思います」

村田は、すでにKO決着パターンをイメージしている。

タイトルを奪還した7月のロブ・ブラント(米国)との再戦では、重心を下げ、積極的に前へ出る超攻撃的スタイルに変貌を遂げて2ラウンドで試合を終わらせた。

「スタイルは確立できた。ブラント戦のような戦いになると思う。プレッシャーをかけると相手が浮き足立つ」
ガードを固めて強引に前へプレスをかけてボディからのバトラー破壊。バトラーは足を使うので「追う村田」「下がるバトラー」の展開になるだろう。
ただバトラーも「確かに強いガードだが、そこにヒットを重ねることはできる。ブラント戦だって打たれていたじゃないか」と打ち合いに挑む準備は整えているようである。

筆者の予想は、村田の早期KO決着ではあるが、ただ一つネガティブ要素があるとすればモチベーションの問題である。
当初、6階級制覇王者、マニー・パッキャオ(フィリピン)に土をつけたジェフ・ホーン(豪州)にターゲットを絞り交渉が進んでいたが、
前哨戦で、まさかのKO負け。対戦候補が宙に浮き、村田を困惑させていた。

「ホーンならわかりやすく、テンションも上げやすかった。でも、これも運命」
バトラーがWBOの指名挑戦者であることを考えれば、間違いなく、この試合は、
最終目標とする統一王者、サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)、IBF世界同級王者、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との究極マッチ実現のためのパスポートにはなる。

そこは、モチベーションにつながって然りだが、「ミドル級は混沌としていて世界ランクに見合わない強い選手もいる。
そういう意味でランキングは指標でしかない。本質的なところで1位であることは関係ない。
タイトルにしても飾りみたいなもの。それより大事なのは、僕とあいつが戦うということ」と言う。

公式会見では、「ボクサーとしてやりたこと、かなえたい夢がある。そのための一歩にしたい」と、
究極マッチ実現のために負けられない試合であることを口にしたが、その一方で「この試合にどれだけ集中できるか。先を見ているとダメ」とも話している。
 

3 :砂漠のマスカレード ★:2019/10/17(Thu) 06:49:46 ID:url6rOSN9

そこに揺れる村田の胸中が見え隠れしている。
ブラントとのリベンジ戦に後に名前が通っているわけでもないバトラーでは燃えるものをみつけにくい。
何か戦う理由になるものを見つけていないのか?とも聞いたが、「これのおかげというものはない。
総合的にはあるのかもしれないが、
核になるようなものがあったかと言えば、それは違うし、僕の仕事を男として全う、遂行するだけ。
そのための燃料はあったと思うが」と、小難しい話を返した。
「もっと成し遂げたいものがあるが、その気持ちを持ちすぎると集中できなくなる。綺麗ごとはいらない。
自分の気持ちに素直になり、モチベーションをコントロールすることが重要になる。そこにハウツーはない」

ただ足元をすくわれれば、「もう一丁」がない状況であることは理解している。
ブラントとの初戦は、先を見すぎてモチベーションを失い、失敗したが、もうその過ちは犯せない。
「いつも崖っぷち。負けてもう一回はない。どの試合も負ければ引退が常によぎっている」
試合までの2か月。村田が、“内なる戦い”をどう制するのか。
今回の初防衛戦の相手はバトラー一人ではない。
 
会見最後の恒例の写真撮影。
村田が流暢な英語でバトラーに色々と説明してやっていたが、挑戦者はニコリともしなかった。
「目を合わしてこなかった。オレのことを怖がっているかな」
そう語ったのはカナダ人挑戦者。
早くも戦闘モードだが、村田は「やんちゃなイメージだったが、今日に限っては、そんな感じがしなかった。
肌質が若い、表情が若い気がした(笑)」と受け流した。

4 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 06:57:31.06 ID:2bnPZT9f0

モハメド・アリの世界戦かと思った

5 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 07:04:49.65 ID:jMknw35q0

8勝1敗1分のキャリアのうち24勝がKO決着?

6 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 07:11:17.37 ID:T6C6rcBW0

村田にもかませをあてがってやれよ
何故がちなんだ

7 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(Thu) 07:12:44 ID:iCH7+kpx0

これは日本でやるにはなかなかガチなカード揃い

8 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 07:14:37.21 ID:x6EtDNKX0

亀田4男の諒太

9 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 07:14:54.28 ID:36JnXNIO0

ボクシングは年末の風物詩になってきてるな、視聴率もいいんだろうな

10 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 07:15:11.43 ID:XHX7vIdB0

村田は怒りの本気モードを常に出せればかなり強いけど
井上と比べると心配がある選手だな

11 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(Thu) 07:27:17 ID:TWbSEN2b0

八重樫はもうダメだ。新潟に行くしかない

12 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 07:27:54.82 ID:Xty0QO++0

WBO1位は強そうだな

13 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 07:31:46.86 ID:zQT7SB+b0

八重樫ってまだ現役だったんだな

14 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 07:32:18.95 ID:Xty0QO++0

かっ飛ばせ〜やっえがし!

15 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 07:39:27.93 ID:M2vYgqkT0

村田はもっさりし過ぎでフットワークにキレが無い

16 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 08:09:43.79 ID:lZbxxy8c0

チビ階級要らない。

17 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 08:22:10.78 ID:24RzK0ho0

スティーブンバトラーてめちゃ名前かっこいいな

18 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 08:29:55.68 ID:GYw1LmG90

>>6
前チャンピオンときやったやないか

19 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 08:31:31.59 ID:GYw1LmG90

アルバラードとかムザラネとか大丈夫なんか
アルバラードは井岡とやったときほどは圧力無いとは思うけど

20 ::2019/10/17(Thu) 08:38:29 ID:YHY9xAKz0

これ突破したらゴロフキンだな

8勝1敗1分のキャリアのうち24勝がKO決着。KO率は80%である。

↑キャリア8勝なのに24KOとは凄いね

21 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 08:42:47.96 ID:mZbPNA0s0

いうても昔のジェラルドマクラレンほどではないんだろう

22 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 08:46:39.27 ID:uxuVA3BU0

村田?まだ現役なの?

23 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 09:04:45.92 ID:kxJRgiXt0

>>20
KO率300%とか化物や

24 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 09:06:53.26 ID:xcjoPqMI0

ペイ・パー・ビュー売り上げ:ボクシング2006年から13年連続で総合格闘技に連敗中

・総合格闘技UFC PPV
2006年 515万件
2007年 498万件
2008年 631万件 
2009年 675万件 
2010年 815万件 
2011年 658万件
2012年 534万件
2013年 587万件
2014年 358万件
2015年 657万件
2016年 853万件
2017年 408万件
2018年 583万件

・ボクシング PPV
2006年 370万件
2007年 480万件
2008年 375万件
2009年 360万件 
2010年 400万件
2011年 460万件
2012年 400万件
2013年 392万件
2014年 340万件
2015年 585万件
2016年 173万件 ←大爆笑
2017年 260万件
2018年 142万件 ←大爆笑

*なおボクシングは、メイウェザーが引退、パッキャオの人気が落ちて、2016年からペイ・パー・ビューがほとんど売れなくなっている

25 ::2019/10/17(Thu) 09:07:23 ID:xcjoPqMI0

インスタグラムフォロワー数比較

コナー・マクレガー 3180万人(総合)
フロイド・メイウェザー 2270万人
ハビブ・ヌルマゴメドフ 1720万人(総合)
ロンダ・ラウジー 1250万人(総合)
アンソニー・ジョシュア 960万人
サウル・アルバレス 550万人
マニー・パッキャオ 550万人
ジョン・ジョーンズ 430万人(総合)
ゲンナジー・ゴロフキン 370万人
ネイト・ディアス 360万人(総合)
アンデウソン・シウバ 340万人(総合)
ジョゼ・アルド 240万人(総合)
ジョルジュ・サンピエール 240万人(総合)
ペイジ・ヴァンザント 230万人(総合)
ダニエル・コーミエ 220万人(総合)
コーディ・ガーブラント 210万人(総合)
デオンテイ・ワイルダー 210万人
タイソン・フューリー 210万人
ホーリー・ホルム 200万人(総合)
ワシル・ロマチェンコ 170万人

マクレガーにボロ負けするメイウェザー

26 ::2019/10/17(Thu) 09:07:36 ID:xcjoPqMI0

総合格闘技・ボクシング ツイッターフォロワー数比較

総合格闘技プロモーション
・UFC 714万人

ボクシングプロモーション
・ゴールデンボーイプロモーション 46万人
・トップランク社 38万人

総合格闘技プロモーター 
・デイナ・ホワイト 510万人

ボクシングプロモーター
・オスカー・デラホーヤ 95万人
・ボブ・アラム 5万人

総合格闘技サイト
・MMA Fighting 38万人
・MMA Junkie 38万人

ボクシングサイト
・BoxingScene 9万人
・リングマガジン 8万人(ボクシング界で最も歴史と権威のある雑誌)

総合格闘技名物記者(ESPN記者)
・アリエル・ヘルワニ 76万人

ボクシング名物記者(ESPN記者)
・ダン・ラフィール 23万人

総合格闘技の圧勝

27 ::2019/10/17(Thu) 09:08:06 ID:xcjoPqMI0

ボクシング汚すな!アミール・カーンがメイウェザーを批判 那須川天心と対戦へ
https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/12/07/kiji/20181207s00021000404000c.html

アミール・カーン「なぜUFCなどの格闘技が、人気の面でボクシングを凌ぐのか。それは格闘技の方がファンの見たいカードを提供しているからさ。」

遂に1流ボクサーもボクシングよりもUFCの方が人気があると認めましたね

28 ::2019/10/17(Thu) 09:08:19 ID:xcjoPqMI0

アメリカボクシン視聴者数の凋落ぶり

・2003年HBO視聴者数
2003年06月21日 703万人 レノックス・ルイスvsビタリ・クリチコ
2003年11月15日 316万人 マニー・パッキャオvsマルコ・アントニオ・バレラ
  ↓↓↓
・2006年HBO視聴者数
2006年06月17日 350万人 ウィンキー・ライトvsジャーメイン・テイラー 
  ↓↓↓
・2007年HBO視聴者数
2007年01月20日 150万人 リッキー・ハットンvsファン・ウランゴ
2007年09月29日 210万人 ケリー・パブリクvsジャーメイン・テイラー
2007年11月17日 140万人 ホアン・グスマンvsウンベルト・ソト
  ↓↓↓
・2008年HBO視聴者数
2008年03月08日 124万人 オレグ・マスカエフvsサミュエル・ピーター
2008年04月19日 180万人 バナード・ホプキンスvsジョー・カルザギ 
2008年05月03日 210万人 オスカー・デラホーヤvsスティーブ・フォーブス
  ↓↓↓
・2010年HBO『最高』視聴者数
2010年06月05日 160万人 ミゲール・コットvsユーリ・フォアマン 
  ↓↓↓
・2014年HBO『最高』視聴者数
2014年03月01日 139万人 フリオ・セサール・チャベス・ジュニアvsブライアン・ベラ
  ↓↓↓
・2017年HBO『最高』視聴者数
2017年5月20日 96万人 テレンス・クロフォードvsフェリックス・ディアス
  ↓↓↓
・2018年HBOついにボクシング番組打ち切り決定

*14年あまりで視聴者数が7分の1に激減、そしてHBOは45年続けてきたボクシング中継打ち切りを決定

29 ::2019/10/17(Thu) 09:08:32 ID:xcjoPqMI0

2019年版「ESPN世界で最も有名なアスリート100」

5位コナー・マクレガー(総合格闘技)
15位ハビブ・ヌルマゴメドフ(総合格闘技)

++++++ボクシングの超えられない壁+++++++++

34位デオンテイ・ワイルダー(ボクシング)
39位タイソン・フューリー(ボクシング)
63位アンソニー・ジョシュア(ボクシング)
68位カネロ・アルバレス(ボクシング)
78位ゲンナジー・ゴロフキン(ボクシング)
83位マニー・パッキャオ(ボクシング)

30 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 09:15:44.35 ID:iCkiPJGp0

どうせまたお前らのあら探し戦歴批判が始まるんだろ

31 :名無しさん@恐縮です:2019/10/17(木) 09:24:07.77 ID:hsuQyUBO0

>>1
まーたお得意の、
無名対戦相手のランキング謎の爆上げwww

さすがミドルの亀田やでww

50件をまとめました。
最新情報はこちら